BALDR SKY Dive1 ”Lost Memory”(バルドスカイ ダイブ1 ロストメモリー)

※使用している画像の著作権は戯画様に帰属します。アフィリエイトプログラムの規約等に遵守し掲載しております。当サイトからの転載・引用・複製等を禁じます。

FANZA掲載画像

自分の記憶と都市荒廃の原因になった事件の真相を追う物語

ベッドの中でまどろんでいた主人公だったが、突然女性の叫び声にたたき起こされてしまう。

主人公が目を覚ますと、そこは仮想空間の戦場だった!

しかも、自分の体は戦闘用プログラム「戦闘用電子体<シュミクラム>」に覆われていた。

混乱する主人公だったが、部下を名乗る女性に導かれ仮想世界から脱出する。
 

脱出した先の現実世界は、自身の記憶とはまるで違う荒廃した都市になっていた。

学園生の自覚を持っていた主人公だったが、自分が凄腕の傭兵であり、仮想世界で爆発に巻き込まれてしまい記憶を失ったことを知らされる。

唯一の手がかりは、「灰色のクリスマス」という事件を自分が追っていたらしいということだけ。

灰色のクリスマスとは何なのか?

何故自分はその事件を追っていたのか?

主人公は過去の記憶を辿りながら、隠された真相に迫ることになる…

という物語。
 

ジャンルは「18禁サイバーパンクアクションアドベンチャー」。

FANZA掲載画像

マト◯ックスやソ◯ド・ア◯ト・オ◯ラインなどのサイバー物に、ロボット物を合わせたような作品です。
 

本作の大きな特長は、2Dアクションパートでしょう。

エロゲとは思えないクオリティです。

コンシューマーゲームを含めても、五指に入るくらいハマりました。

FANZA掲載画像

シリーズ伝統のアクションパートですが、このBALDR SKYでシステムが完成したという声も多く聞かれます。

最初は武装のレベルが低くてできることも限られますが、育ってくると様々な戦い方ができるようになります。
 

本編をクリアするだけなら必要はありませんが、全ての武装のレベルをマックスにしようとすると相当な時間がかかります。

敵に攻撃が当たらなくても若干の経験値が入るので、素振りゲーなんて言われたりもします。
 

本作は大ボリュームな作品のため、前後編(Dive1と2)に分かれています。

そのため、Dive1のシナリオだけでは謎が残りますが本作だけでもとても面白いです。

Dive2よりも1の内容の方が好きという人もいるくらいです。

ちなみに、パイズリのことを抜きで考えれば、BALDR SKY全編はエロゲで一二を争うくらい私は好きです。
 

続いては、このサイトのメインのお話に移ります。

おっぱいプレイはパイズリとパイズリフェラの2回。パイズリの方は、シチュがちょっと特殊。評価は「★★☆☆☆(星2)」。

Dive1ではパイズリが2回あります。

その内一回は、私が好きなキャラが担当な上、まだ菊池先生の絵がロリ化していない時期ということもあって個人的には結構好きなシーンです。

しかしながら、いかんせんシチュが特殊…

また、もう一方のシーンも悪くはないのですが、評価を押し上げるほどではないため評価は星2としました。

では、キャラ紹介に移りたいと思います。
 

一人目は、主人公の部下兼最高の相棒である「桐島 レイン」少尉。

最終ルートのヒロインよりも人気があると思われるヒロイン。

私もエロゲのヒロインの中でも上位に来るくらい好きです。

FANZA掲載画像

このサンプルだとパイズリフェラになっていますが、実際のゲームではこの差分はなかったと思います。

舐めるのは挟射の後だった記憶があります。

精液がかかった差分に書き変えられていたはずです。

上記でも触れた「変わったシチュ」のシーンがこれでもあります。

一時的に目が見えなくなり、主人公の視覚を借りている状態での奉仕です。

セックスだと鏡を前にして恥ずかしがる姿を見るなんてシーンがよくありますが、パイズリでヒロインが自分の姿を眺めるシチュは貴重かもしれません。

ただ、特殊ではあるので万人に勧められはしないかなといった感じ。
 

もう一つのパイズリフェラシーンの担当は、主人公の再従姉で凄腕プログラマの「西野 亜季」。

FANZA掲載画像

実際に攻略できるのはDive2ですが、おまけ的な感じでエロシーンが用意されています。

延々とアクションを楽しめる「サバイバルモード」を第5ステージまで終わらせるとパイズリフェラが拝めます。
 

パイズリ目的だと微妙ですが、シナリオはエロゲ界でもトップクラスの作品なので是非プレイしてみてください。

サイバー物が嫌いでなければ、きっと楽しめるはず!
 

本作を楽しむにあたって、いくつか注意事項を書きておきます。

  • Dive1,2の両方をインストールして、Dive2を起動してプレイすることを推奨
  • アンインストールはDive2からする
  • ゲームパッド推奨

本作をインストールしている状態だと、Dive2でDive1の内容も合わせて遊べるようになります。

後からDive1のデータを引き継ぐこともできますが、シナリオの既読フラグが引き継がれないため初めからDive2で始めた方が何かと楽です。

Dive1のサバイバルモードも、「サバイバルモード改」というプラグインをOFFにすることでDive2でもプレイできます。

そして、異常をきたさないよう、アンインストールをする際にはDive2から先にアンインストールするようにしましょう。

ゲームパッドについては好みによりますが、使った方がアクションパートがプレイしやすいでしょう。

中にはキーボードで操作する猛者もいますが。
 

BALDR SKYのダウンロード版はFANZAの独占配信になっています。

単品、Dive1と2のセット売り、さらにFDまで入った三点セットのいずれかを選べます。

FDには傭兵になるまでの過去編などのシナリオもあるので、私としては三点セットがおすすめです。

一番コスパが良いですしね。

少なくとも、シナリオが続いているDive2とのセットは必須でしょう。
 

余談ですが、ダウンロード版に特典武装がちゃんと追加されているのが好印象です。

私は「BALDR MASTERPIECE CHRONICLE」というアーカイブ作品を購入しているため今でこそ全て使えるのですが、当時全ての武装を揃えられず悔しい思いをしました。

Dive1はまだ特典武装が少なかったので問題ありませんでしたが、Dive2は店舗特典の武装が沢山あってなくなく諦めたことを覚えています。

全店舗分購入した猛者達もいたらしいですけど(笑)

ダウンロード版やアーカイブから始める人はその苦悩がないわけですから、大変羨ましい限りです。
 

Re.price DiveDX(Dive1,2,FDのセット)
FANZA(11,000円):BALDR SKY Re.price DiveDX
Re.price Dive1&2(Dive1,2のセット)
FANZA(8,580円):BALDR SKY Re.price Dive1&2
Dive1単品
FANZA(5,390円):BALDR SKY Re.price Dive1 ”Lost Memory”


※価格は2020/9/12時点の通常価格になります。改定やセール等で変動する場合がありますので、必ず各通販サイトにて最新価格をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました