クナド国記

※使用している画像の著作権はPurple software様に帰属します。ガイドラインやアフィリエイトプログラムの規約等に遵守し掲載しております。当サイトからの転載・引用・複製等を禁じます。

FANZA掲載画像

コールドスリープから目覚めた青年が、機械文明の失われた国に夢や希望をもたらす物語

西暦2034年。

金属製品が突如機能しなくなり、さらには「鉄鬼」という金属生命体が出現。

文明や技術が失われ、人類の多くが駆逐されてしまう。

生き延びた人々も鉄鬼の活動の隙間での生活を余儀なくされてしまう。

それから1000年。

一人の英雄が鉄鬼の中核といえる存在の一つを打倒することに成功。

そして、その時の戦場跡からコールドスリープされた青年が発掘されるのだった。

目覚めた青年はコールドスリープの弊害ゆえか自身に関する記憶を失っていたが、1000年前の文明や文化の知識を持っていた。

彼は、衣食住の保障と引き換えに過去の文化を教授してくれと頼まれる。

これは、彼が個性や文化を失った国に夢や希望をもたらす物語―――。
 

舞台は、衰退した日本の関東地方に新たに誕生した「カント」。

金属類の多くが使えないため、木造建築が立ち並ぶ和を感じられる国。

総人口は800人。

しかも、そのほとんどが異能力者!

1000年前に鉄鬼が出現した際、今まで表舞台に出てこなかった能力者達が立ちあがり、さらには一般人からも能力を発現する者が現れ始めたという設定。

そのため、生き残りの子孫達の多くが能力者となっています。

アマツツミでも描かれた言霊使いの能力も出てきます。

生き残るために戦い続けてきたカントの人々は、戦闘民族的な脳筋が多い傾向にあります。

そして、一般住民は狐の面を被り「代替可能な誰でもない者」として生活していて、個性や文化が希薄な状態となっています。

そんな国に主人公が新たな文化をもたらすお話で、さらに英雄の死の真相や彼の正体に迫る展開もあるようです。
 

体験版をやってみた(この記事を最初に書いた)時点では、結構好印象でした。

ただ一方で、いくつか懸念点もあるとも書きました。↓

体験版はそこそこ面白かったですが、「3年以上かけて練り上げた」という気合が変に空回っていないか少々心配な部分もあります。

御影氏の単独シナリオなのでルート毎の齟齬などはないと思いますが、文化復興と鉄鬼とのバトルや真相など描写すべき要素が多く少々になります。

人類の命運を賭けた戦いが終わった後の話なので、「コールドスリープから目覚めた主人公が親玉を打ち倒す」なんていう王道展開もやりにくいですしね…。

まあ他の個体やら裏ボス的なのを登場させればいい話ですが、鉄鬼の真相みたいな話は相当深堀しないと中途半端になりそうな気もします。

あとは、普通の学園物とは違うので舞台設定を活かしきれるかが試されるところでしょう。


私はまだ購入していない(理由は後述します)のですが、各所のレビューを見る限りだと、半分正解といったところでしょうか。

主人公の護衛役である優里のルートや双子の茜・葵ルートは高評価が多いみたいです。

優理ルートは文化復興、双子ルートは熱いバトルの要素が強く出ていて、それぞれ特徴を持たせつつ、しっかり描かれているとのこと。

ただ、センターヒロインの春姫のルートは酷評がそこそこ多いように見受けられます。

物語の肝となる鉄鬼の真相が描かれるルートですが、私の懸念していた通り物足りなさを感じた方が多かったようです。

また、春姫やその姉の夏姫はアマツツミでも登場した言霊使いなのですが、これがただの便利能力になってしまったことも評価を下げる要因になっているみたいです。

アマツツミでは強力な能力故にそれなりのデメリットが描かれていましたが、本作ではそのような描写がほとんどないらしいです。

それと、鉄鬼関連の話や斥候に出たまま登場していない八剣(特別な能力者で且つカントの権力者)がいるなど、FDが出てもおかしくない作りというレビューも多かったです。
 

さて、体験版が好印象で克氏の絵も好きな私ですが、本作を買わなかった理由があります。

それは、当サイトの本題であるエロシーン(おっぱいプレイ)です。

正直、克氏の描くキャラのエロシーンが良ければ、最悪シナリオが期待外れでも構わないと思っていました。

ただ、そのエロシーンも少々気になるところがあって様子見していたのですが、期待できないことが分かり見送ることにしました…

では、そのおっぱいプレイについて話していきましょう。

パイズリが一つ。しかし、ズリキャン…。評価は暫定「★☆☆☆☆(星1)」。

本作のおっぱいプレイはパイズリが一つだけで、あとは乳揉みCGが少しある程度だそうです。

どこの媒体だったか忘れましたが、ストーリー重視でエロ薄めという情報が出ていたのであまり期待してなかったのですが、それでも少なく感じます。

しかも、そのパイズリも微妙という…

よって、評価は最低の星1としておきます。

恐らく、プレイしても評価が変わることはないでしょう。
 

ちなみに、そのパイズリはサブキャラの「夏姫」のシーンです。

夏姫の腰掛け(着座)パイズリ
FANZA掲載画像

このシーンは体験版にも収録されていました。

このパイズリシーンですが、パイズリキャンセルし本番に移行します!

(#^ω^)ピキピキ

感覚を共有するというシチュがなかなか良かったのですが、挟射しなくてがっかりしました…
 

乳揉みの差分CGは、センターヒロインの春姫に二つと双子にそれぞれ一つ、サブキャラの識に一つあるとのこと。

双子と識の該当シーンは、公開CGになかったので割愛。

春姫の乳揉みシーン。
FANZA掲載画像
FANZA掲載画像

識に至っては、重要じゃないサブキャラだからか通販にはCGが一つもなかった…

どんな子か知りたい人は公式サイトを見てください。

そっちにはエロCGもあるので。
 

本作の一番残念な点は、克氏担当の巨乳キャラに該当のシーンが全然ないこと。

ヒロインの一人である優里やサブキャラの燕はこんなに立派なものをお持ちだというのに…

優里
FANZA掲載画像
燕
FANZA掲載画像

過去作だと、パイズリや授乳手コキは勿論、執拗におっぱいを揉んだり吸ったり乳首を責めたりするのですが、この二人はその手のCGがないそうです…

テキストなどでどうなっているかまでは分かりませんが、少なくともCGには描かれていないとのこと。

克先生といったらおっぱいだろうがぁぁあ!
 

さて、そんなこともあって、私は購入を控えました。

買うのであれば、まず体験版をプレイして優理や双子が好きそうかを確かめた方が良いでしょう。(その2ルートは評価が高めなので)

FDが出そうな雰囲気もあるとのことなので、もしFDが出て、そちらのおっぱいプレイが良さそうなら一緒に買ってみたいと思います。
 

本作のダウンロード版はFANZA独占配信となっています。

特典の有無を選択できるので、購入の際には欲しいセット内容が選ばれているかしっかり確認しましょう。

 

FANZA(8,580円~12,540円):クナド国記

※価格は2022/4/10時点の通常価格になります。改定やセール等で変動する場合がありますので、必ず各通販サイトにて最新価格をご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました